妊娠中 サプリメント 選び方

妊娠中のサプリメントおすすめの選び方とは?

妊婦さんが葉酸を摂取することは、赤ちゃんにとって非常に大切なことです。
食事から葉酸を摂ろうとすると、熱に弱い性質から調理中に50%近く半減してしまったり、
水溶性の為に排泄によって体外に出されてしまうので、妊娠中は葉酸不足になりがちです。

 

妊婦さんの葉酸摂取は厚生労働省も推奨しています。
妊婦さんの1日の推奨摂取量としては400μgが定められています。

 

しかし、食事から400μgの量の葉酸を摂るには、生のほうれん草を400g食べる必要があります。
さすがにそんなに大量のほうれん草は食べられないと思うので、葉酸サプリメントを利用するのもいいでしょう。

 

厚生労働省が葉酸サプリメントを利用してまで、妊婦さんは葉酸を摂取するように促しているのには理由があります。

 

おなかの中の赤ちゃんが細胞分裂を行うのに葉酸は欠かせない栄養素で、
妊娠中に葉酸が不足してしまうと赤ちゃんの先天性異常のリスクが高まることが分かっています。

 

妊娠が判明した頃には既に赤ちゃんの細胞分裂は進んでしまっている為、
妊娠を計画し始める頃(妊娠1ヵ月前)〜妊娠3ヶ月頃までに積極的に摂取することが大切だとされています。

 

しかし、市販される葉酸サプリメントならどれでも良いわけではありません。妊娠中に必要な栄養素が十分に含まれていることや、赤ちゃんに害の無いサプリメントであることが重要です。
葉酸サプリメントを選ぶときにチェックすべきポイントをご紹介しますので、参考にしてください。

 

・摂取量
市販されるほとんどの葉酸サプリメントはその製品が定める1日の用量で、1日に必要な葉酸摂取量を摂取することができます。
もし摂取量に満たない場合、”食事で不足した葉酸をサプリメントで補う”という目的が意味をなさないので、購入前に葉酸の含有量を確認することが第一です。

 

・天然の葉酸か、合成の葉酸か
葉酸は”食品に含まれるポリグルタミン酸型”と”サプリメントに使用されるモノグルタミン酸型”の2種類に分けられます。
市販されるほとんどの葉酸サプリメントはモノグルタミン酸型で、厚生労働省が推奨している種類です。
ポリグルタミン酸型は一定の品質を保ちにくい為に製品化が難しいとされ、天然の葉酸も敢えてモノグルタミン酸型に変換してから使用することが多いようです。
このように、モノグルタミン酸型には天然の葉酸と化学合成の葉酸が存在します。葉酸サプリメントを選ぶときは化学合成か天然かを確認しましょう。

 

・合成添加物の有無
おなかの赤ちゃんは、香料や着色料といった添加物の影響を受けやすいため、無添加のものを選ぶようにしましょう。

 

・ビタミンB12が含まれる
葉酸はビタミンB群に属し、ビタミンB12によって効果を最大限に発揮することができるのでビタミンB12を含む葉酸サプリメントを選びましょう。

 

ビタミンB12は血中のヘモグロビンを作る働きもあり、貧血予防に効果があります。
その他、葉酸を体内で活性型に変えるためのビタミンCや、ミネラルなどの栄養素も配合されていると望ましいです。

 

・GMPマーク
”Good Manufacturing Practice”の略語で、”適正製造規範”のことを言います。
原料の入庫〜製造〜出荷までの全工程で安全に、一定の品質が保たれているシステムを指し、これが証明されるものにはGMPマークが付けられています。

 

ただし、GMPマークだからといって「絶対に安心な商品だ!」と思い込まずに、
しっかりと成分や口コミを確認してから購入するのがいいと思います。

 

 

サプリメントに限らず、大きいものは飲みこみにくいですよね。カプセル状のものが苦手だと言う人も少なくありません。それに加えてつわりの時は、においや味などによっても食べられないものがあります。
上記のチェックすべき項目以外にも確認したいことはありますよね。大きさや形、味やにおいなど妊娠中に気になることはインターネットの口コミなどで確認するのも、自分に合った葉酸サプリメントの選び方の1つです。